« 大自然生活館の商い(ⅱ) | トップページ | 自然生活館の商い(iv)  »

大自然生活館の商い(ⅲ)

(iii) 先ずやってみる トライ&エラー・シーイング イズ ビリービング
既存業務は味わいがでるほど基本を忠実に! 大胆かつ細心な心配り
 

 ものを考えるのは大切なことですが、実際にやってみなければ、絵に描いた餅にすぎません。やってみなければわからないことも、たくさんあります。やってみて失敗しても、失敗から学べれば、それは本当の意味での失敗ではなく、進歩の前の足踏みなのです。そこで失敗した時にも、その失敗を失敗のままで終わらせるのではなく、なぜ失敗に至ったのか、という原因を追究し、考えてみる、それでもわからなければ先輩に相談してみる、問題を解決しておくことが大切なのです。失敗や反省から次の学びとして生かしていければ良いのだと思います。まずやってみる、トライすること、習うより慣れろ、の心で取り組むことが大切です。
そして、回数を重ねていくにしたがって、体も自然と動くようになってきます。そこで、慣れてきた時こそ、基本に忠実に、そして余裕がでてきたら、細かいところにも目を向け、自然と心を配れる姿勢が身についていくことで、より深く、味わい深い仕事になり、そして、ときには大胆さが、作業を行ううえで大きな飛躍につながっていくのではないでしょうか。

投稿者:ノアノア

|

« 大自然生活館の商い(ⅱ) | トップページ | 自然生活館の商い(iv)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207299/44627659

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然生活館の商い(ⅲ):

« 大自然生活館の商い(ⅱ) | トップページ | 自然生活館の商い(iv)  »