« 大自然生活館の商い(ⅴ) | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅶ) »

大自然生活館の商い(ⅵ)

(vi) 大自然生活館が進化し続ける仕組み作りと会社の血液(金)が環する仕掛け作りが肝要です。

 商いとして考えたときの、「進化」とは…利潤を上げることだと思います。お客様に大自然生活館の商品やサービスを喜んでもらうことができ、ニーズが高まり、売り上げにつながっていくのですから、まずはお客様を大切にすることが基本中の基本だと考えます。そこへ、コストを下げたり、といった工夫を加え、更なる利益を高めていきます。
人間の身体で血行の悪いところは、熱や十分な栄養が届かなかったり、老廃物が溜まったりします。会社のお金についても同じで、循環しないことは、仕入れも売り上げもないこと。つまり、商売がうまくいっていないことになります。売り上げによって十分なお金が入ってきて、仕入れによって必要なお金が出ていく。これが、成功した商売です。そういった、常に血液が循環していくような、健康体、よい状態を、会社の中にも循環させていくことが大切なのです。身体において、血液の循環を良くするために、いろいろな部分で気を使うように、会社ににおいても、循環を良くするための、仕掛け作りをしていくことが必要になってきます。仕掛けづくりも、、身体の状態を見ながら行うように、試行錯誤しながら、よりよい状態で循環させていけるような方法を見つけながら、進化を続けていくことが大切なのです。

投稿者:ノアノア

|

« 大自然生活館の商い(ⅴ) | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅶ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207299/44732849

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然生活館の商い(ⅵ):

» バセドー病 のこと [バセドー病 のこと]
きちんと治療すれば普通の生活は可能です。しかしながらバセドー病は治療に不備があったり本人に自覚があまりなくて放っておいたりすると [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 21時02分

« 大自然生活館の商い(ⅴ) | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅶ) »