« 大自然生活館の商い(ⅶ) | トップページ | 大自然生活館のセルフマネージメント(ⅰ) »

大自然生活館の商い(viii)

(viii) 既存事業の複合化が次の新事業を生む

  二つの事業が手を繋げば、その境界領域の商いにも手を広げることができます。そして複数の事業が力を合わせることで、一つ事業では不可能だったことも可能にできるなどの、可能性をも広げていくことができます。可能性だけでなく、新たなアイディアへも繋がっていきます。様々な方向への展開が可能となり、事業の広がりが出てきます。広がりから、個々の既存事業との結びつきも強くなり、相乗効果も生まれ、やがて新たな事業へと繋がっていくのではないでしょうか。立ち止まらずに、常にバージョンアップしていくことを考え行動することが、新たな可能性へと繋がっていくのだと考えます。

投稿者:ノアノア

|

« 大自然生活館の商い(ⅶ) | トップページ | 大自然生活館のセルフマネージメント(ⅰ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207299/44754334

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然生活館の商い(viii):

» うぴゃー! [そうちゃん]
ちょww まだ風.俗で抜いてもらってんの?www 俺これ始めてから風.俗とか行ってねーわヽ(´・ω・)ノ てか、諭吉も貰えるしウマウマー(・∀・) [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 11時38分

« 大自然生活館の商い(ⅶ) | トップページ | 大自然生活館のセルフマネージメント(ⅰ) »