« popのデザインについて | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅱ) »

大自然生活館の商い(ⅰ)

(i) 出るを制して入るを企てる。

 利益を得るには、収入を増やし支出を減らすことで生まれます。
支出を減らすとは、お金や時間や原料・資材や手間などの無駄をなくすことにあります。出ていく部分を少なく、入ってくる部分をいかに増やしていくか、それを考えます。一つの製造においても、効率良く、良いものを製造していくことだ大切です。効率良く、という部分で、時間や手間を省く、”出るを制する”ことが必要となってきます。そして、効率的に進めることで、より多くのものを製造することに繋がり、”入るを企てる”ことに繋がっていきます。

 利益的な部分だけで考えず、気持ちの面でも、常に頭におき、日々の製造・作業に勤めることで、実践していきます。そして少しづつでも、出るを制し入るを企てていけるように勤めます。

投稿者:ノアノア

|

« popのデザインについて | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207299/44513258

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然生活館の商い(ⅰ):

« popのデザインについて | トップページ | 大自然生活館の商い(ⅱ) »