« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

*体にも優しく濃厚なチョコレートジェラード*

今日はジェラードを紹介します。今日紹介するのはチョコレートジェラードです。

★チョコレートジェラード★

■生産国:日本

■原材1料内:■低温殺菌牛乳・生クリーム・脱脂粉乳・ぶどう糖・グラニュー糖・ジェルミックス・ココア

■搾りたてミルクジェラードについて・・・

■地元北軽井沢の牧場の新鮮なミルクだけをたっぷり使用。濃厚なチョコレートの味を堪能できます!

牛乳の歴史・・

世界的に牛乳の歴史はたいへん古く、7000年前から飲まれています。日本では飛鳥時代、中国・呉の国の善那が孝徳天皇(在位645~654年)に牛乳を献上したのが始まりと言われ、天皇はたいへん喜んだという記録が残っています。当時は、牛乳や乳製品を食するのは主に貴族に限られ、「人の体をよくする薬」としてその薬効も認められていたようです。
 牛乳が一般に普及するのは明治維新後、肉類やパンなどとともに西洋の食習慣が大幅に取り入れられてからでした。

牛乳の効果・・・

牛乳には、特にタンパク質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2が豊富に含有されています。特にタンパク質は前述の通りアミノ酸スコア100と非常に良質なタンパク源となります。
このほか、牛乳には抗菌作用や免疫力強化機能などを持つ「ラクトフェリン」というタンパク質を含んでおり、最近の繁殖や感染の予防、ガン予防などに効果を発揮するとされています。

また、牛乳といえば「カルシウム」が豊富な事が挙げられ、100gあたりの牛乳におけるカルシウム含有量は110mgと非常に多く、牛乳にはカルシウムの吸収を促進する「ビタミンD」「カゼインホスホペプチド」が含有されカルシウムの吸収率も抜群です。
このほか、牛乳にはよけいなナトリウム(塩分)を体外に排出する効果のあるカリウムや、骨の形成を助けるリンなどのミネラル類も豊富に含有しています。また、牛乳の乳糖には腸内の善玉菌の繁殖を促進し、悪玉菌増殖を防ぐ作用もあります。

朝、牛乳を飲む事で腸の蠕動運動(ぜんどう)も活発化し、便秘の解消効果もあります。(INNOVADEより)

低温殺菌ミルク・・・

普通の市販で販売されているような、120℃を越える温度で殺菌される牛乳は、超高温殺菌牛乳と呼ばれているらしく、長所は殺菌に時間がかからず日持ちもするというものですが、必要な栄養素が失われ、お腹がゴロゴロするなどのアレルギーが起こりやすい、といわれています。

 一方低温殺菌牛乳は65度程の低温で長時間殺菌するため大量生産には向かず、さらに高温殺菌より日持ちがしないことから、いつまでも冷蔵庫に放って置けません。しかし、長所は栄養素が失われにくいことと飲みやすくて美味しいことです。

この日持ちがしない牛乳ですが、北軽井沢の牧場のミルクを届いてからすぐジェラードへ加工するため、本来のミルクの美味しさを損なうことなくジェラードが出来上がります。

そこへ生クリームでコクを出し、体に良い甜菜糖を入れ、美味しいジェラードができるんです。

チョコレートの効能:

カカオマスポリフェノールは悪玉コレステロールの酸化を防ぐとともに、コレステロールが血管内に沈着するのも防止し、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸も含んでいるため、動脈効果を予防。さらに、遺伝子の変異を防ぐため、ガン化した細胞の増殖も抑えます。また、さまざまな炎症を起こすヒスタミンを抑える効果があるため、免疫力も高めます。

 脳のエネルギー源になるブドウ糖は脳に蓄えておく機能がないため、常に補給が必要です。砂糖を含むチョコレートは脳の働きを活発にするとともに、テオブロミンという成分でやる気を起こしてくれるため、深夜の受験勉強に最適。

 ポリフェノールが虫歯も防ぎ、また、カカオ成分が虫歯の元凶の菌の抑制することも証明されています。チョコを食べると虫歯を心配する人もいますが、虫歯にしないためには、口の中に糖分を残さないことがポイント!

 チョコレートは脂肪分が多いため、太るのでは、と心配をされる方もいますが、吸収されにくい脂肪なのです。太るのはチョコ自体にあるのではなく、過剰に食べることで栄養のバランスが崩れ、糖分や油分の取り過ぎになるのが原因です。(Fine-clubより)

オススメ度:  ★★★★★ (コメント:本当に美味しい自慢のジェラード。なめらかなさと美味しさのコクは何度も改良され作られています。是非召し上がっていただきたいジェラードです。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:無添加・無着色・保存料も一切使用していないので安心して召し上がっていただけます。)

★味わい方★

J

*厚切りトーストにのせて

*クレープにはさんで

*オリジナルパフェにも!

*デコレーションも自由に楽しめます。

*フルーツをトッピングしたり、生クリームでアレンジするのもOK。

なんといっても味が美味しいのでまずはそのままお皿に盛って召し上がってみてください♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*濃厚でやみつき!搾りたてミルクジェラード*

今日はジェラードを紹介します。今日紹介するのは搾りたてミルクジェラードです。

★搾りたてミルクジェラード★ 

■生産国:日本 

■原材1料内:低温殺菌牛乳・生クリーム・脱脂粉乳・ぶどう糖・トレハ・グラニュー糖・ジェルミックス

■搾りたてミルクジェラードについて・・・

■地元北軽井沢の牧場の新鮮なミルクだけをたっぷり使用しています!濃厚でいてさっぱりした味わいに感激してもらいます。年配の方には昔食べた懐かしい味だとよく言ってもらいます。そんじょそこらにある味でないかも・・こうご期待!

牛乳の歴史・・

世界的に牛乳の歴史はたいへん古く、7000年前から飲まれています。日本では飛鳥時代、中国・呉の国の善那が孝徳天皇(在位645~654年)に牛乳を献上したのが始まりと言われ、天皇はたいへん喜んだという記録が残っています。当時は、牛乳や乳製品を食するのは主に貴族に限られ、「人の体をよくする薬」としてその薬効も認められていたようです。
 牛乳が一般に普及するのは明治維新後、肉類やパンなどとともに西洋の食習慣が大幅に取り入れられてからでした。

牛乳の効果・・・

牛乳には、特にタンパク質、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2が豊富に含有されています。特にタンパク質は前述の通りアミノ酸スコア100と非常に良質なタンパク源となります。
このほか、牛乳には抗菌作用や免疫力強化機能などを持つ「ラクトフェリン」というタンパク質を含んでおり、最近の繁殖や感染の予防、ガン予防などに効果を発揮するとされています。

また、牛乳といえば「カルシウム」が豊富な事が挙げられ、100gあたりの牛乳におけるカルシウム含有量は110mgと非常に多く、牛乳にはカルシウムの吸収を促進する「ビタミンD」「カゼインホスホペプチド」が含有されカルシウムの吸収率も抜群です。
このほか、牛乳にはよけいなナトリウム(塩分)を体外に排出する効果のあるカリウムや、骨の形成を助けるリンなどのミネラル類も豊富に含有しています。また、牛乳の乳糖には腸内の善玉菌の繁殖を促進し、悪玉菌増殖を防ぐ作用もあります。

朝、牛乳を飲む事で腸の蠕動運動(ぜんどう)も活発化し、便秘の解消効果もあります。(INNOVADEより)

低温殺菌ミルク・・・

普通の市販で販売されているような、120℃を越える温度で殺菌される牛乳は、超高温殺菌牛乳と呼ばれているらしく、長所は殺菌に時間がかからず日持ちもするというものですが、必要な栄養素が失われ、お腹がゴロゴロするなどのアレルギーが起こりやすい、といわれています。

 一方低温殺菌牛乳は65度程の低温で長時間殺菌するため大量生産には向かず、さらに高温殺菌より日持ちがしないことから、いつまでも冷蔵庫に放って置けません。しかし、長所は栄養素が失われにくいことと飲みやすくて美味しいことです。

この日持ちがしない牛乳ですが、北軽井沢の牧場のミルクを届いてからすぐジェラードへ加工するため、本来のミルクの美味しさを損なうことなくジェラードが出来上がります。

そこへ生クリームでコクを出し、体に良い甜菜糖を入れ、美味しいジェラードができるんです。

オススメ度:  ★★★★★ (コメント:本当に美味しい自慢のジェラード。なめらかなさと美味しさのコクは何度も改良され作られています。是非召し上がっていただきたいジェラードです。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:無添加・無着色・保存料も一切使用していないので安心して召し上がっていただけます。) 

★味わい方★

J *まるまる果実をトッピングすれば色んな味で楽しめます

*厚切りトーストにのせて

*クレープにはさんで

*オリジナルパフェにも!

*デコレーションも自由に楽しめます。

*フルーツをトッピングしたり、生クリームでアレンジするのもOK。

なんといっても味が美味しいのでまずはそのままお皿に盛って召し上がってみてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

*食物繊維豊富で美肌、健康にも良い・さつまいもプディング*

今日はケーキを紹介します。今日紹介するのはさつまいもプディングです。

★さつまいもプディング★ 

■生産国:日本 

■原材料内容さつまいも・バター・三温糖・牛乳・生クリーム・バニラエッセンス・卵・ハチミツ・ラムゴールド・トレハ・アーモンド・ゼラチン

■さつまいもプディングについて・・・

無添加で身体に良い吟味した素材を使用しています。甘さ控えめでしっとりとしています。それぞれフルーツをふんだんに使い、美味しさが凝縮。北軽井沢の自然の中で、手間ひまかけて作られています。値段もお手ごろで、人気の商品です。無添加で身体に良い吟味した素材を使用しています。甘さ控えめでしっとりとしています。それぞれフルーツをふんだんに使い、美味しさが凝縮。北軽井沢の自然の中で、手間ひまかけて作られています。値段もお手ごろで、人気の商品です。

■サクサクで生地の美味しいタルト生地に充分ホイップしたサツマイモのフィーリングを軽く流し込み70分かけてじっくり焼き上げました。荒熱がとれたら残りのさつまいもフィーリングを流し込み固めそのうえにスライスしたサツマイモをトッピングしました。一度にサツマイモのプデイングとサツマイモのゼリーが二度楽しめます。ゴールデンスリムハーブTEAと一緒にお召し上がりください。

さつまいも・・・
サツマイモ薩摩芋、和名:甘藷(かんしょ)、学名:Ipomoea batatas L.)は、ヒルガオ科サツマイモ属植物。あるいはその食用部分である塊根(養分を蓄えている肥大した根)。別名に、甘藷(かんしょ)、唐芋(からいも、とういも)、琉球藷(りゅうきゅういも)。(ウィキペディアより)
歴史:原産地については「メキシコで、紀元前にすでに栽培されていた」とされる一方、「有史以前にオセアニアの島々に伝わっていた」という説もあります。
  ヨーロッパへはコロンブスが伝え、日本には1615年にイギリス人により伝えられたといわれますが、色々な説があり定かではないそうです。南九州を中心に普及して、薩摩藷=さつまいもの名前が広まったといわれています。
 そして徳川吉宗の時代に、蘭学者の青木昆陽の進言で全国に伝播しました。天明の飢饉の際には多くの人々の命を救ったそうです。日本ではいもの部分しか食用にしませんが、中国や東南アジアでは野菜としてつるや葉も食べるようです。
栄養:主成分は炭水化物で、そのうちデンプンが最も多く含まれています。カロリーは低く、米や小麦の1/3程度です。また他のイモ類と比較して、繊維やビタミンC、カロチンが多く、特にCは夏みかんと同様100gあたり30mgもあるうえ、加熱しても70%は残る特性があります。またカロチンも10μg、黄肉種なら50μgと多く、高栄養価です。

効果:さつまいもは、ほかの芋に比べカルシウムが多く含まれています。また、コレステロールや血圧を下げる効果のある食物繊維を豊富に含んでいます。皮の近くにある“ヤラピン”というさつまいもだけが持つ糖脂質は、食物繊維との相乗効果で便秘予防が二重に増します。
 その他、若返りのビタミンといわれるビタミンE、美肌効果や抗酸化力で生活習慣病の予防の働きをするビタミンCなど、美容にも効果的な食品です。

オススメ度:  ★★★★★ (コメント:なめらかでさつまいもの味が存分に楽しめます。お子様からお年寄りまで人気の商品です。)
天然度  : ★★★★★ (コメント:無添加なので安心して召し上がっていただけます。) 

★味わい方★

*ゴールデンスリムTeaと召し上がるのがオススメ。

*デコレーションも自由に楽しめます。

*フルーツをトッピングしたり、生クリームでアレンジするのもOK。

*ケーキをうすーく切り、ホットケーキやクラッカーに挟んでもOK

さつまいもプディングお勧めの食べ方・・・・

ゴールデンスリムTeaと一緒に召し上がっていただくのがベスト。スパイシーなお茶がよく合います。食べる時間はいつでもOK。お子さんにもオススメ!お好みで生クリームやシナモンをトッピングすればよりなめらかで上品な味を楽しめます。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ローズウォーター使用方法について

新商品開発中です。その中の<ローズウォーター>

殺菌・抗菌性・ストレス解消・肌のトラブルに

天然ハーブの香り・添加物等未使用

使用目的を思考中・・・

・入浴に(お風呂にローズウォーターをお好みで入れる。香りが広がる、殺菌効果)

・ミスト(霧吹きの容器に移し、玄関・衣類・お部屋などに使用。)

・洗濯物の仕上げ(※薄めて使用できる?)

・ルームフレグランス

・化粧水やボディローションなどに使用(美容に。しっとりとし、エイジングケアなどにも。ただ、濃度が濃いかもしれない?とも感じたので自身で薄めて使用したり、化粧水に混ぜることも可能か。他の化粧用として出回っている物はものは蒸留水がほとんどのようです。ただ蒸留水は栄養分・香りともに減少してしまうようです。)

資料(アロマの部屋より)・・・アルコール(酒屋でアルコール度の高いウォッカなどを入手してください)を加えると収斂効果が高まり、グリセリンを加えると保湿効果が高まります。たとえば、冬はグリセリン多め、夏はアルコールも加えるなど、季節によって調整してみてください。

・ヘアケアに(潤い・リラックス)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »