« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

*すっぱい味に優しいジャスミンがくせになるビタミンCたっぷり・潤いTEA微香ハーブティー*

今日は微香ドリンクの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは潤いTEA微香ハーブティーです。

<潤いTEA微香ハーブティー>

Bi■原産国日本・中国・チリ・エジプト・スペイン

■原材料内容:軟水・ジャスミンフラワー・ハイビスカス・ローズヒップ・オレンジピール

■潤いTEA微香ハーブティーについて・・・・

水(湧き水)・・・自然豊かな大地・浅間の湧き水を使用しております。天然ナチュラルな軟水なので、水だけで飲んでも美味しい!口当たりが良いなめらかな水なので、ハーブティー・紅茶・野草茶がより一層美味しくお飲みいただけます。高原の爽やかな風を大地を感じてみてください。

潤いTea(付属ハーブティー)・・・ローラル系ハーブのジャスミン・ハイビスカス・ローズヒップと柑橘系のオレンジピールをブレンドしました。程よい酸味のすっきり味でビタミンCたっぷりのほのかな香りがお口に広がります。すっぱさがくせになります!色も鮮やかな赤い色でお楽しみいただけます。

<ブレンド茶葉>

*ジャスミンフラワー*

→学名: Jasminum officinale甘く上品な芳香から、「香りの女王」とも呼ばれます。
ジャスミンは、インドでは、バラと並んで好まれるハーブです。ふくよかな香りはリラックス
効果があります。 ホルモンバランスの調節をする働きがあるといわれ、生理不順、更年期
などによいとされています。 ほのかな甘い香りと味わいは、紅茶、烏龍茶、プーアール茶、
ペパーミント、ローズなどとのブレンドが好まれます。花から抽出する精油を化粧品やアルコ
ール飲料などの香り付けに利用しています。

花1トンからわずか1kgの精油しか抽出されず、きわめて高価な香りです。

*ハイビスカス*

→学名:Hibiscus sabdariffa観賞用品種では、花を乾燥させても、ハイビスカスティーにはなりませんが、ハイビスカスティーとして飲用されている品種は実はアオイ科のローゼル種で、ロゼリソウ(roselle)という種類です。フヨウや仏桑花(ハイビスカス)と同じハイビスカス属に分類され、直立する1年草で、アフリカ原産と考えられています。ハイビスカスティーは紅色ですが、花は小さくて黄色で、花が咲いた後に肥厚した果実を包むために、発達するガクが赤色で、このガクの部分を乾燥させたものをティーとして飲用するのが、ハイビスカスティーです。消化不良や食欲不振にも。虫が嫌う香りなので虫除けにも使われています。二日酔いやむくみ、便秘、肌荒れのときも、強い味方になってくれます。

*ローズヒップ*

→学名:Rosa caninaローズヒップは、ローズの花が咲いた後につく実です。お茶にはドッグローズやスイートブライアーが用いられます。ドッグローズは、古くから薬効の高いことで知られていて、ローマ時代には狂犬病にも効くとされたことから、ラテン語で「犬のバラ」を意味する名前がつけられ、英語でも「ドッグローズ」と呼ばれるようになったそうです。ローズヒップには、多くのビタミンやミネラルが含まれています。その中でもビタミンCが多く含まれていることで有名です。オレンジの10倍、レモンの20倍と言われ、「ビタミンCの爆弾」と呼ばれています。ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれています。ローズヒップは酸味がほどよく、フルーティーなお茶です。使う実の量を多めにしたり、浸出時間を長くして、濃いめに入れると味わい深いお茶になります。

    オレンジピール*

→学名Citrus sinensis 〔シトラス シネンシス〕みかん科 ミカン属 常緑高木スウィートオレンジの陳皮〔チンピ〕を乾燥させた物です。少し酸味のある味で香りは甘酸っぱいです。かんきつ類の果肉、果汁、果皮は、食物や飲料の香味をつけ、ビタミンCを供給します。ブロッサム(花)には、鎮静作用や神経のバランスを整える働きがあります。胃痛、不眠症、うつ症状の改善に、ハーブティー、パックや湿布をどうぞ。オレンジピールは、ビタミンCが豊富で、肌に有効な成分も豊富にふくんでおり、化粧品にも利用されています

北軽井沢の美味しい水に潤いTEAをつけました。ペットボトルにテイバッグを5分位いれたままにしてうっすらとハーブ色がついたらお飲みください。ローラル系ハーブのジャスミン・ハイビスカス・ローズヒップと柑橘系のオレンジピールをブレンドしました。程よい酸味のすっきり味でビタミンCたっぷりのほのかな香りがお口に広がります。無糖でさっぱりとして苦くないベルバラダイエット味。飲み心地の良い微香アロマドリンクをお楽しみください。
暑いときは冷やしてくつろぎの一杯に。 
健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめ。

■潤いTEA微香ハーブティーの効能

ジャスミンフラワー*強い鎮静作用、抗ウイルスなど血液を冷ます効果があります。感染の高熱にも役立ちます。

ハイビスカス*生理的にも精神的にもよい作用があります。血液や心臓の浄化、肌の色艶をよくし、毛髪の生育を促します。また、月経困難症、月経過多に効果的です。ビタミンCが多いので、疲労回復にも役立ちます。※冷え性の人は身体をさらに冷やしてしまいますので要注意

ローズヒップ*美白に代表される美肌効果、免疫力がアップすることによる健康促進効果女性に特有の悩みを和らげる効果

オレンジピール*鎮静効果 消化促進 利尿 整腸 せきの鎮静

:::ビタミンCたっぷりで、中からきれいになれるTea。すっぱさにほのかなやわらかい味のジャスミンフラワーが加わり病み付きの味!:::

■潤いTEA微香ハーブティーで・・

<飲み方>

★ボトルの飲み口からティーバッグを落としてキャップを戻し、5分~15分位そのままにします。少し茶葉の色がつきましたらシェイクしてお飲みください。

無糖で添加物が一切添加されていないヘルシーなソフトドリンクで今の貴方の気分にあわせてセルフレメディーしてみませんか。ティーバッグには100%自然のハーブティー・紅茶と香料付きの紅茶が全部で10種類。今の貴方はどのタイプの茶葉でレメディーしたい気分ですか?ティーバッグの微香が貴方を和み・癒しの世界に誘ってくれます。飲んだ後に爽やかで幸せな気分にしてくれる今までにないマイドリンクです。

投稿者:コミ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

*仕事中や勉強中にもオススメ!集中力を高める微香ハーブティー*

今日は微香ドリンクの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは集中力を高める微香ハーブティーです。

<集中力を高める微香ハーブティー>

Bi■原産国日本・ドイツ・メキシコ・トルコ

■原材料内容:軟水・ペパーミント・ローズマリー・レモングラス・レモンピール

■集中力を高める微香ハーブティーについて・・・・

水(湧き水)・・・自然豊かな大地・浅間の湧き水を使用しております。天然ナチュラルな軟水なので、水だけで飲んでも美味しい!口当たりが良いなめらかな水なので、ハーブティー・紅茶・野草茶がより一層美味しくお飲みいただけます。高原の爽やかな風を大地を感じてみてください。

集中力を高めるTea(付属ハーブティー)・・・リフレッシュ系ハーブのミントとリラックス系ハーブローズマリーと柑橘系のレモングラス・ピールをブレンドしました。気持ちがしゃきっとし頭をすっきりさせてくれます。健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめ.ハーブの香りが自然でとても飲み心地の良いハーブTEAをお楽しみください。ミントの香りがスーッとし、爽やかな味わいです。

<ブレンド茶葉>

*ペパーミント*

→学名: Mentha piperita爽やかでスッキリしたメントールの香りで、キャンディーやチューインガム、紅茶など、色々な食品や料理に使用され、とても身近で、親しまれている多くの品種のあるハーブです。ハッカとしてもよく知られているペパーミント。医学的にも効果があるものとして認識されています。まず、ペパーミントには、夏場に落ちてしまう食欲を増進させる効果があり、更には消化能力も一時的に向上させる効果があります。精神的なストレスや吐き気などにも効果があるとされています。さらに、ペパーミントの香りには、脳に良い刺激を与えます。ペパーミントの香りを吸い込むと、すっきりした気持ちになるのは、この効果によるものなのです。気分すっきりさせる効果もありますが、ペパーミントは温かいハーブティーとして飲んだ場合には、質の良い眠りを得ることができます。しかし、妊娠中の方と2歳未満のお子様にはペパーミントの刺激は強いので、それらにあたる方は、できるだけ使用を控えた方が良いでしょう。

*ローズマリー*

→学名: Rosmarinus officinalis ローズマリーは、海辺で生育することが多く、夏に咲く清らかな青い花が、しずくのように見えることから、ラテン語のロスマリヌス(海のしずく)が名前の由来になったと言われています。また葉の強い香りが、いつまでも失せないことからヨーロッパでは「記憶」「思い出」「愛における貞節」のシンボルとされました。古くから強壮、健胃、血行促進といった薬効が知られ、利用されてきました。肉や魚料理に風味をつけたり、煮込み料理にも広く使われるハーブです。ローズマリーは集中力や記憶力を高める効能があるとして有名なハーブです。フレッシュでもドライでも利用が可能ですし、酸化防止作用や抗菌作用がありますので、お肉の料理をはじめ、いろいろな料理に広く利用されています。強壮、鎮痙、健胃、利尿、駆風、妨腐、通経、胆汁排泄促進と効能の実に多いハーブですが、食用でのご利用は、過度になると有害になりますのでご注意が必要です。

*レモングラス*

 →学名:Cymbopogon citratusレモンの香りが爽やかで、口に含むとわずかに酸味のあるスッキリしたレモン味がします。レモンに似た香りがするのは、レモンと同じシトラールという成分が含まれているためで、このシトラールは、化粧品、香水、洗剤、石ケンの香料として広く利用されています。和名は「レモンガヤ」といい「メリッサグラス」とも呼ばれています。インドでは数千年前から、ずっと人々に好まれ利用されてきたハーブで、インドでは「チューマナ・プールー」と呼ばれ、これはレモングラスの赤い茎を表わす言葉です。外観はイネやススキのようで、草丈は90センチぐらいになり、原産地は南インド、スリランカなどの亜熱帯地方です。タイのスープ、トムヤンクンには欠かせないハーブで、カレーの香りづけにも使われます。心のわだかまりを解き放ってくれたり 神経疲労を回復させ、生気や活気を復活させてくれます。体力回復させ、強壮してくれます。

*レモンピール*

 →学名:Citrus limonレモンピールのハーブティーは、レモンの果皮を乾燥させたハーブティーですが、カクテル(お酒)の風味付けをするために、カクテルグラスの斜め上で、グラスに向ってレモンの皮を圧して、プシュッと香りをとばすことも、レモンピールと呼ぶそうです。 レモンはインド原産ですが、古くからエジプトでは解毒剤として、食中毒やチフスなどの疫病が流行したときに利用されました。また、虫刺されの消毒にも用い、マラリアを治すのに役立つと思われていたそうです。また果皮を砂糖で煮たものも、レモンピールと呼ばれています。名前の由来は、アラビア語の「ライムン」とペルシャ語の「リムン」で、どちらもカンキツ類の果実を意味します。

♪北軽井沢の美味しい水に集中力をつけるTEAをつけました。ペットボトルにテイバッグを5分位いれたままにしてうっすらとハーブ色がついたらお飲みください。リフレッシュ系ハーブのミントとリラックス系ハーブローズマリと柑橘系のレモングラス・ピールをブレンドしました。程よい酸味のすっきり味でビタミンCたっぷりのほのかな香りがお口に広がります。無糖でさっぱりとして苦くないベルバラダイエット味。飲み心地の良い微香アロマドリンクをお楽しみください。
暑いときは冷やしてくつろぎの一杯に。
健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめ。

集中力を高める微香ハーブティーの効能

ペパーミント*主成分のメントールは消化促進や強壮、消毒の効果に優れています。消化促進作用、強壮作用、発刊作用、そして鎮痛作用などのほかにも、アルカリ度が高いので、胃酸の多い人、お酒好きの人、腸の悪い人に特に向いているハーブです。新鮮なミントはタバコの嫌な匂いや体臭を消すので、室内の芳香剤としてもおすすめです。ハッカの葉は漢方薬として矯味矯臭、駆風、整腸、解熱、発汗、健胃の目的で調合されます。妊娠中の方・2歳未満のお子様はなるべく控えてください。

ローズマリー*心身の疲労を癒し、脳の働きを活性化して記憶力や集中力を高める。血行を促して血管を強くする作用あり。目覚めが悪く血液の循環が良くない人は、モーニングティーに。しかし、妊娠中の方や血圧の高めの方は、量に注意して下さい。また、長期の連続使用や多量摂取はお避け下さい。

レモングラス*殺菌作用、腹痛、発熱、頭痛に効果があり心身疲労や脳の働きを高めたいときなどに効果あります。

レモンピール*ビタミンCが豊富なので美容にとても良く、神経をリラックスさせて元気にしてくれます。

:::頭をスッキリさせてくれるブレンド。ミントの香りが丁度よく、飲みやすい味になっています。勉強・仕事の合間にも。:::

■集中力を高める微香ハーブティーで・・

<飲み方>

★ボトルの飲み口からティーバッグを落としてキャップを戻し、5分~15分位そのままにします。少し茶葉の色がつきましたらシェイクしてお飲みください。

無糖で添加物が一切添加されていないヘルシーなソフトドリンクで今の貴方の気分にあわせてセルフレメディーしてみませんか。ティーバッグには100%自然のハーブティー・紅茶と香料付きの紅茶が全部で10種類。今の貴方はどのタイプの茶葉でレメディーしたい気分ですか?ティーバッグの微香が貴方を和み・癒しの世界に誘ってくれます。飲んだ後に爽やかで幸せな気分にしてくれる今までにないマイドリンクです。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (3)

*元気にしてくれるレモン風味のブレンドハーブ・気力スッキリ微香ハーブティー*

今日は微香ドリンクの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは気力スッキリ微香ハーブティーです。

<気力スッキリ微香ハーブティー>

Bi■原産国日本・ドイツ・ペルー・エジプト

■原材料内容:軟水・レモンバーベナ・ローズヒップ・レモングラス・ハイビスカス・レモンピール

■気力スッキリ微香ハーブティーについて・・・・

水(湧き水)・・・自然豊かな大地・浅間の湧き水を使用しております。天然ナチュラルな軟水なので、水だけで飲んでも美味しい!口当たりが良いなめらかな水なので、ハーブティー・紅茶・野草茶がより一層美味しくお飲みいただけます。高原の爽やかな風を大地を感じてみてください。

気力スッキリTea(付属ハーブティー)・・・フローラル系ハーブのハイビスカス・ローズヒップと柑橘系のレモンバーベナ・レモングラス・レモンピールをブレンドしました。程よい酸味のすっきり味でビタミンCたっぷりのほのかな香りがお口に広がります。無糖でさっぱりとして苦くない味。レモンの香りが効いた爽やかな味です!紅い色合いも楽しいお茶です。飲み心地の良い微香アロマドリンクをお楽しみください。

<ブレンド茶葉>

 *レモンバーベナ*

→学名: Aloysia triphylla 17世紀にスペインによってヨーロッパにもたらされました。和名はコウスイボク(香水木)、ボウシュウジュ(防臭木)です。葉はレモンの香りを放ちます。ヨーロッパでは心身を温め、リラックスさせる飲み物として親しまれており、ティーと同量のワインと調合して鎮静剤としても用いられています。また、ヨーロッパでは古来、安産のために飲むと良いので「聖なる草」といわれています。もともとディナーのときのフィンガーボールの水(指先をすすぐ水)に、レモンの香りをつけるために利用されていました。スペインではペパーミントを加えて、ホットあるいはアイスのどちらでもおいしく飲めるティーとして利用されています。レモンと名前のつくハーブはいくつかありますが、それぞれの種類は別の物です。共通するのはシトラール、シトロネラールなどの成分が含まれていて、この成分がレモンのような香りを持ち、神経を鎮め、元気を与えてくれる効能があり、広く好まれる香りだということです。

*ローズヒップ*

→学名:Rosa caninaローズヒップは、ローズの花が咲いた後につく実です。お茶にはドッグローズやスイートブライアーが用いられます。ドッグローズは、古くから薬効の高いことで知られていて、ローマ時代には狂犬病にも効くとされたことから、ラテン語で「犬のバラ」を意味する名前がつけられ、英語でも「ドッグローズ」と呼ばれるようになったそうです。ローズヒップには、多くのビタミンやミネラルが含まれています。その中でもビタミンCが多く含まれていることで有名です。オレンジの10倍、レモンの20倍と言われ、「ビタミンCの爆弾」と呼ばれています。ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれています。ローズヒップは酸味がほどよく、フルーティーなお茶です。使う実の量を多めにしたり、浸出時間を長くして、濃いめに入れると味わい深いお茶になります。

*レモングラス*

 →学名:Cymbopogon citratusレモンの香りが爽やかで、口に含むとわずかに酸味のあるスッキリしたレモン味がします。レモンに似た香りがするのは、レモンと同じシトラールという成分が含まれているためで、このシトラールは、化粧品、香水、洗剤、石ケンの香料として広く利用されています。和名は「レモンガヤ」といい「メリッサグラス」とも呼ばれています。インドでは数千年前から、ずっと人々に好まれ利用されてきたハーブで、インドでは「チューマナ・プールー」と呼ばれ、これはレモングラスの赤い茎を表わす言葉です。外観はイネやススキのようで、草丈は90センチぐらいになり、原産地は南インド、スリランカなどの亜熱帯地方です。タイのスープ、トムヤンクンには欠かせないハーブで、カレーの香りづけにも使われます。心のわだかまりを解き放ってくれたり 神経疲労を回復させ、生気や活気を復活させてくれます。体力回復させ、強壮してくれます。

ハイビスカス*

→学名:Hibiscus sabdariffa観賞用品種では、花を乾燥させても、ハイビスカスティーにはなりませんが、ハイビスカスティーとして飲用されている品種は実はアオイ科のローゼル種で、ロゼリソウ(roselle)という種類です。フヨウや仏桑花(ハイビスカス)と同じハイビスカス属に分類され、直立する1年草で、アフリカ原産と考えられています。ハイビスカスティーは紅色ですが、花は小さくて黄色で、花が咲いた後に肥厚した果実を包むために、発達するガクが赤色で、このガクの部分を乾燥させたものをティーとして飲用するのが、ハイビスカスティーです。消化不良や食欲不振にも。虫が嫌う香りなので虫除けにも使われています。二日酔いやむくみ、便秘、肌荒れのときも、強い味方になってくれます。

*レモンピール*

 →学名:Citrus limonレモンピールのハーブティーは、レモンの果皮を乾燥させたハーブティーですが、カクテル(お酒)の風味付けをするために、カクテルグラスの斜め上で、グラスに向ってレモンの皮を圧して、プシュッと香りをとばすことも、レモンピールと呼ぶそうです。 レモンはインド原産ですが、古くからエジプトでは解毒剤として、食中毒やチフスなどの疫病が流行したときに利用されました。また、虫刺されの消毒にも用い、マラリアを治すのに役立つと思われていたそうです。また果皮を砂糖で煮たものも、レモンピールと呼ばれています。名前の由来は、アラビア語の「ライムン」とペルシャ語の「リムン」で、どちらもカンキツ類の果実を意味します。

♪北軽井沢の美味しい水に気力スッキリTEAをつけました。ペットボトルにテイバッグを5分位いれたままにしてうっすらとハーブ色がついたらお飲みください。フローラル系ハーブのハイビスカス・ローズヒップと柑橘系のレモンバーベナ・レモングラス・レモンピールをブレンドしました。程よい酸味のすっきり味でビタミンCたっぷりのほのかな香りがお口に広がります。無糖でさっぱりとして苦くないベルバラダイエット味。飲み心地の良い微香アロマドリンクをお楽しみください。
暑いときは冷やしてくつろぎの一杯に。
健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめ。

気力スッキリ微香ハーブティーの効能

レモンバーベナ*気管支炎や鼻の充血を沈め、消化不良、吐き気の症状を和らげます。

ローズヒップ*美白に代表される美肌効果、免疫力がアップすることによる健康促進効果女性に特有の悩みを和らげる効果

レモングラス*殺菌作用、腹痛、発熱、頭痛に効果があり心身疲労や脳の働きを高めたいときなどに効果あります。

ハイビスカス*生理的にも精神的にもよい作用があります。血液や心臓の浄化、肌の色艶をよくし、毛髪の生育を促します。また、月経困難症、月経過多に効果的です。ビタミンCが多いので、疲労回復にも役立ちます。

※冷え性の人は身体をさらに冷やしてしまいますので要注意

レモンピール*ビタミンCが豊富なので美容にとても良く、神経をリラックスさせて元気にしてくれます。

:::体も心も元気にしてくれるハーブをブレンド!レモンの爽やかな風味で人気のブレンドハーブです。サッパリしているのでいつでも飲んでいただけます。:::

■気力スッキリ微香ハーブティーで・・

<飲み方>

★ボトルの飲み口からティーバッグを落としてキャップを戻し、5分~15分位そのままにします。少し茶葉の色がつきましたらシェイクしてお飲みください。

無糖で添加物が一切添加されていないヘルシーなソフトドリンクで今の貴方の気分にあわせてセルフレメディーしてみませんか。ティーバッグには100%自然のハーブティー・紅茶と香料付きの紅茶が全部で10種類。今の貴方はどのタイプの茶葉でレメディーしたい気分ですか?ティーバッグの微香が貴方を和み・癒しの世界に誘ってくれます。飲んだ後に爽やかで幸せな気分にしてくれる今までにないマイドリンクです。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*心身の癒しにセルフレメディー・心の和み微香ハーブティー*

今日は微香ドリンクの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは心の和み微香ハーブティーです。

<心の和み微香ハーブティー>

Bi ■原産国日本・フランス・エジプト・メキシコ

■原材料内容軟水・ラベンダー・カモミール・レモングラス・レモンピール

■心の和み微香ハーブティーについて・・・・

水(湧き水)・・・自然豊かな大地・浅間の湧き水を使用しております。天然ナチュラルな軟水なので、水だけで飲んでも美味しい!口当たりが良いなめらかな水なので、ハーブティー・紅茶・野草茶がより一層美味しくお飲みいただけます。高原の爽やかな風を大地を感じてみてください。

心の和みTea(付属ハーブティー)・・・癒し系のハーブのラベンダー・カモミールと柑橘系のハーブのレモングラス・レモンピールのブレンドTEAです。仕事や勉強で張り詰めた気分を解きほぐしてくれる一杯です。健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめのハーブティーです。

<ブレンド茶葉>

 *ラベンダー*

→学名:Lavandula officinalis属名のLavandulaとは、ラテン語の"洗う 
= Lavare"という言葉に由来しており、

古代ローマ人が、衣類や身体を洗うときにこの花を使ったと言われています。また、ラベンダーの花色から、リヴェレ(青いの意)に由来するという説もあります。芳香あり。香りの女王と呼ばれます。この香りは、殺菌、消炎、鎮静効果のある酢酸リナリルなどを含んでいます。線香の香りつけにも使われる。花や茎からとれる「ラベンダー油」は香水などの化粧品の原料になります。                

*カモミール*

→学名:Chamomillaカモミールは古代エジプト時代から愛用されていたといわれる最も古い部類のハーブの一種で、花の部分をハーブティーとして愛飲され続けています。カモミールはキク科のハーブで、ジャーマン種(一年草)とローマン種(多年草)の2種類があります。その種類によって、草の背丈が5cmから10cmほど違ってきます。ドイツやフランスでは子供の万能薬とさえ言われています。いろいろな身体の不調を整える効能があるため、こういわれるようになったのですが、女性特有の疾患などに対しても優れた効能を発揮します。整肌作用、抗炎症作用、アレルギーを改善の作用もありますので、お肌の調子を整えたい女性には、特におススメしたいハーブです。

*レモングラス*

 →学名:Cymbopogon citratusレモンの香りが爽やかで、口に含むとわずかに酸味のあるスッキリしたレモン味がします。レモンに似た香りがするのは、レモンと同じシトラールという成分が含まれているためで、このシトラールは、化粧品、香水、洗剤、石ケンの香料として広く利用されています。和名は「レモンガヤ」といい「メリッサグラス」とも呼ばれています。インドでは数千年前から、ずっと人々に好まれ利用されてきたハーブで、インドでは「チューマナ・プールー」と呼ばれ、これはレモングラスの赤い茎を表わす言葉です。外観はイネやススキのようで、草丈は90センチぐらいになり、原産地は南インド、スリランカなどの亜熱帯地方です。タイのスープ、トムヤンクンには欠かせないハーブで、カレーの香りづけにも使われます。心のわだかまりを解き放ってくれたり 神経疲労を回復させ、生気や活気を復活させてくれます。体力回復させ、強壮してくれます。消化不良や食欲不振にも。虫が嫌う香りなので虫除けにも使われています。

*レモンピール*

 →学名:Citrus limonレモンピールのハーブティーは、レモンの果皮を乾燥させたハーブティーですが、カクテル(お酒)の風味付けをするために、カクテルグラスの斜め上で、グラスに向ってレモンの皮を圧して、プシュッと香りをとばすことも、レモンピールと呼ぶそうです。 レモンはインド原産ですが、古くからエジプトでは解毒剤として、食中毒やチフスなどの疫病が流行したときに利用されました。また、虫刺されの消毒にも用い、マラリアを治すのに役立つと思われていたそうです。また果皮を砂糖で煮たものも、レモンピールと呼ばれています。名前の由来は、アラビア語の「ライムン」とペルシャ語の「リムン」で、どちらもカンキツ類の果実を意味します。

♪北軽井沢の美味しい水に心の和みTEAをつけました。ペットボトルにテイバッグを5分位いれたままにしてうっすらとハーブ色がついたらお飲みください。癒し系のハーブのラベンダー・カモミールと柑橘系のハーブのレモングラス・レモンピールのブレンドTEAです。仕事や勉強で張り詰めた気分を解きほぐしてくれる一杯です。無糖でさっぱりとして苦くないベルバラダイエット味。飲み心地の良い微香アロマドリンクをお楽しみください。暑いときは冷やしてくつろぎの一杯に。健康維持にもリラクゼーションのためにもおすすめ

心の和み微香ハーブティーの効能

ラベンダー*鎮静作用、高血圧、生理不順に効果があり頭痛やめまいを治してくれる効果もあります。

カモミール*鎮痛、抗感染、消化促進などに効き、気分を落ち着かせ不眠解消にも効果があると言われています。

レモングラス*殺菌作用、腹痛、発熱、頭痛に効果があり心身疲労や脳の働きを高めたいときなどに効果あります。

レモンピール*ビタミンCが豊富なので美容にとても良く、神経をリラックスさせて元気にしてくれます。

:::心を落ち着かせてくれるハーブブレンドです。やわらかい味で、ラベンダーとカモミール、レモン系のハーブが見事に調和しています。:::

■心の和み微香ハーブティーで・・

<飲み方>

★ボトルの飲み口からティーバッグを落としてキャップを戻し、5分~15分位そのままにします。少し茶葉の色がつきましたらシェイクしてお飲みください。

無糖で添加物が一切添加されていないヘルシーなソフトドリンクで今の貴方の気分にあわせてセルフレメディーしてみませんか。ティーバッグには100%自然のハーブティー・紅茶と香料付きの紅茶が全部で10種類。今の貴方はどのタイプの茶葉でレメディーしたい気分ですか?ティーバッグの微香が貴方を和み・癒しの世界に誘ってくれます。飲んだ後に爽やかで幸せな気分にしてくれる今までにないマイドリンクです。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

*梅と紫蘇の香りと昆布の旨みにピリッとした辛さが加わりやみつきになる味・梅唐辛子紫蘇昆布茶*

今日は昆布茶の紹介をしたいと思います。今日紹介するのは梅唐辛子紫蘇昆布茶です。

<梅唐辛子紫蘇昆布茶>

■生産国日本

■原材料内容昆布・梅粉・唐辛子・紫蘇・甜菜糖

■梅唐辛子紫蘇昆布茶について・・・・

昆布・・・生命は海から誕生したといわれ、人間の体液のミネラルバランスは
海水のそれに似ているといいます。昆布は長い年月をかけて海のミネラルを吸収し育っているのですから人間にとって必要な栄養を多く蓄えているのは道理至極かも知れません。昆布には、体に欠かせない栄養がたっぷり。大切な栄養素のうち、摂取しにくいビタミン、ミネラル、植物繊維をたくさん含んでいます。特にカルシウムは、なんと牛乳の7倍。その上、低カロリー。健康にも美容にも威力を発揮する食材なのです。

梅・・・「うめは三毒を断つ」といわれます。三毒とは、食べ物・血液・水の毒です。梅干しを食べたときはもちろんですが、想像しただけでも唾液が出てきます。唾液に含まれる酵素には変異原性物質の作用を抑制する効果があります。梅肉エキスには強力な抗菌作用が認められています。梅肉エキスは、青うめの果肉をすりつぶし、加熱濃縮して煮詰めて作られる液体です。梅肉エキスの抗菌作用はクエン酸によるもので、腸内で胆汁酸との相乗効果で、多くの悪性細菌に対して抗菌作用を示すと考えられています。

唐辛子・・・唐辛子は「唐」から伝わった「辛子」という意味です。ナス科トウガラシ属の一年草。熱帯では多年草になります。ピーマンとは同種で、辛味の強い品種から甘い品種まで世界中に500種以上があります。南アメリカの熱帯原産。日本には近世初期に渡来。果実の形は細長いもの、丸いもの、大小様々あり、熟すと赤・黄などとなる。一般に辛味が強く、香辛料や薬用とする。唐辛子の有効成分は辛味のもとでもあるカプサイシン。唐辛子を食べると身体がホカホカ熱くなって、時には汗までかいてしまうのはカプサイシンが中枢神経を刺激し、副腎皮質から分泌したアドレナリンが血流量を増大させるため。唐辛子で分泌されるアドレナリン量はコショウ、ショウガの約2倍、持続時間は約3時間にも及ぶ場合があるといわれている。こうした活発なエネルギー代謝は、体脂肪の蓄積抑制、血液中の脂肪量減少などのダイエット効果も大いに期待できる。 

紫蘇・・・しそは、古くから日本に自生する「和風ハーブ」です。香りは食欲をそそり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富です。古くから色々な薬効が認められていて、最近では問題の花粉症などのアレルギーにも効果があるといわれて注目されています。料理の付け合わせや薬味に利用されることが多いしそですが、アイデア次第で様々な料理に利用できます。成長に応じて葉、芽、花穂、実の全ての部分がつかえる利用価値の高い食材です。

♪梅と紫蘇の香りと昆布の旨みにピリッとした辛さが加わりやみつきになる味。昆布茶は毎日飲めば栄養バランスを補ってくれます。この時期にもってこいな唐辛子が体を温めてくれるのでオヤスミ前にも。ホットで飲めばさらに◎

梅唐辛子紫蘇昆布茶の効能

昆布・・・動脈硬化の予防、高血圧、痰、利水、便秘解消など

唐辛子・・・代謝促進作用、ダイエット効果、風邪予防など

梅・・・血液サラサラ、疲労回復効果、整腸・殺菌効果、解毒効果、美容効果

紫蘇・・・アレルギー抑制、殺菌効果と食欲増進ガンの抑制、貧血予防、ダイエットにも、精神安定作用

■梅唐辛子紫蘇昆布茶で・・

<飲み方>

スプーン2杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜてお飲み下さい。

粉末状なので解けやすく、飲みやすい。そして栄養と旨みはたっぷり入っています。

●こんな物にも・・・●

*日本酒、焼酎に加えるなど大人の楽しみ方も。

*料理のだし、ふりかけに。美味しさが増します。

*浅漬けに。しょうゆ・塩はお好みで加えてください。

飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:

| | コメント (0) | トラックバック (1)

*栄養バランスを整える+美味しくて手軽・梅紫蘇昆布茶♪*

今日は昆布茶の紹介をしたいと思います。今日紹介するのは梅紫蘇昆布茶です。

<梅紫蘇昆布茶>

■生産国日本

■原材料内容昆布・梅粉・紫蘇・甜菜糖

■梅紫蘇昆布茶について・・・・

昆布・・・生命は海から誕生したといわれ、人間の体液のミネラルバランスは
海水のそれに似ているといいます。昆布は長い年月をかけて海のミネラルを吸収し育っているのですから人間にとって必要な栄養を多く蓄えているのは道理至極かも知れません。昆布には、体に欠かせない栄養がたっぷり。大切な栄養素のうち、摂取しにくいビタミン、ミネラル、植物繊維をたくさん含んでいます。特にカルシウムは、なんと牛乳の7倍。その上、低カロリー。健康にも美容にも威力を発揮する食材なのです。

梅・・・「うめは三毒を断つ」といわれます。三毒とは、食べ物・血液・水の毒です。梅干しを食べたときはもちろんですが、想像しただけでも唾液が出てきます。唾液に含まれる酵素には変異原性物質の作用を抑制する効果があります。梅肉エキスには強力な抗菌作用が認められています。梅肉エキスは、青うめの果肉をすりつぶし、加熱濃縮して煮詰めて作られる液体です。梅肉エキスの抗菌作用はクエン酸によるもので、腸内で胆汁酸との相乗効果で、多くの悪性細菌に対して抗菌作用を示すと考えられています。

紫蘇・・・しそは、古くから日本に自生する「和風ハーブ」です。香りは食欲をそそり、ミネラルやビタミンなどの栄養価も豊富です。古くから色々な薬効が認められていて、最近では問題の花粉症などのアレルギーにも効果があるといわれて注目されています。料理の付け合わせや薬味に利用されることが多いしそですが、アイデア次第で様々な料理に利用できます。成長に応じて葉、芽、花穂、実の全ての部分がつかえる利用価値の高い食材です。

♪梅と紫蘇の香りと昆布の旨みに何杯でも飲みたくなります。昆布は栄養バランスを補ってくれます。毎日飲んで美味しく健康的に!

梅紫蘇昆布茶の効能

昆布・・・動脈硬化の予防、高血圧、痰、利水、便秘解消など

梅・・・血液サラサラ、疲労回復効果、整腸・殺菌効果、解毒効果、美容効果

紫蘇・・・アレルギー抑制、殺菌効果と食欲増進ガンの抑制、貧血予防、ダイエットにも、精神安定作用

■梅紫蘇昆布茶で・・

<飲み方>

スプーン2杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜてお飲み下さい。

粉末状なので解けやすく、飲みやすい。そして栄養と旨みはたっぷり入っています。

●こんな物にも・・・●

*日本酒、焼酎に加えるなど大人の楽しみ方も。

*料理のだし、ふりかけに。美味しさが増します。

*浅漬けに。しょうゆ・塩はお好みで加えてください。

飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

*発送・サンプル作り*

今日は発送準備とクール便や卸様・通販の発送をしました。その中で微香水のサンプルを送る準備もしました。デザインしたリーフレットの印刷をすると、画面で見た色とは違うことが度々ありますが今回もそうでした。なので何回か色を調節して出していきました。取引のある会社様からの依頼でちょっとアレンジされたデザインでしたが、こちらで作ったものとはまた違い、商品名のカラフルな色が目を引くデザインになっていました。ナチュラルな色にインパクトのあるカラーも意外性があっていいなと感じました。いいと思ったところは吸収していきたいなと思います。

明日からは昆布茶について書いていきたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*体を温めながらキレイに・香り高いマサラチャイコラーゲンティー*

今日は一日天気がよく、雪も解け始めました。そんな中今日は発送の準備、通販4件そしてロフトさんの発送などをしました。商品発送も無事今週の分を終えほっとしています。また月曜日には発送をしつつ、他の仕事も時間を作りながらやっていきたいと思います。

さて今日はコラーゲンティー最後の紹介をしたいと思います。今日紹介するのはマサラチャイコラーゲンティーです。

<マサラチャイコラーゲンティー> 

Koragenn■生産国日本

■原材料内容脱脂粉乳・甜菜糖・アッサム・シナモン・マリンコラーゲン・ジンジャー・オールスパイス・カルダモン・カルシウム

■マサラチャイコラーゲンティーについて・・・・

体の構造を作るタンパク質には、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をするコラーゲンタンパク質と細胞の中に留まって細胞を元気にする非コラーゲンタンパク質の2種類があります。元気で若々しい毎日をおくるにはタンパク質が充分に補給され、古いタンパク質が分解され体内のタンパク質が次々と新しいタンパク質に入れ替わることが大事です。(新陳代謝と呼ぶ)私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3をコラーゲンが占めているといわれます。コラーゲンは、髪の毛、皮膚、骨、爪、血管、内臓などほぼ全身の細胞と細胞をつなぎ止め、支えている体の土台になる物質で、生きている細胞を活性化するための必要なタンパク質です。加齢と共にコラーゲンも老化をします。また新しいコラーゲンを作ろうとする作用も衰え始めます。コラーゲンは不足すると様々な障害を引き起こす原因を作ります。そのため、コラーゲンは積極的に摂取する栄養なのです。

そしてブレンドしているマサラチャイ。

食欲増進や消化促進、抗菌・殺菌作用、発汗作用など、さまざまな効果があるスパイス。インドでは古くからアーユルベーダを基本とする医食同源の考えが根付き、その中でスパイスは重要な役割を担ってきました。そんなインドにおいて、スパイスと紅茶は切っても切れない間柄。インドで紅茶といえば「マサラチャイ」が一般的なんです。マサラチャイとはスパイスミルクティーのこと。「マサラ」がスパイス、「チャイ」が煮出したミルクティーを意味しています。マサラチャイは体にいいだけでなく、紅茶とスパイスと牛乳が織り成す香り高くまろやかな風味も人気の秘密です。

♪飲んでも美味しく飽きのこない香りも豊かなマサラチャイ。コラーゲンとカルシウムをプラスして機能性を高めたドリンクになりました。TEAタイムを楽しみながら美容にも健康にも気を使っている方にもおすすめ。ホットはお湯に溶かして・アイスは水でシェイクし溶かした上で氷をのせて飲んでください。

※コラーゲンは多めにとっても副作用の心配はありません。よほど大量に摂取した場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状がでます。

マサラチャイ・コラーゲンの効能

マサラチャイ・・・紅茶によく合うスパイスは、シナモン・クローブ・カルダモン・ナツメグ・ブラックペッパー・ジンジャーなど。その中でブレンドしているシナモン・ジンジャーは体を温め、消化がいいので食後にぴったり。また、カルダモンは、和名では小荳蒄(しょうずく)または、小豆蒄と書きます。あまり親しみのない香辛料ではありますが、カルダモンは香辛料としてではなく、生薬、漢方としても日本はもちろん、インドなどの他にもスウェーデンなどの北欧でも頻繁に使われているメジャーな香辛料です。効能としては、体の脂肪を取り、食品の消化を助け、口臭も取り去ってくれます。そしてオールスパイス。これは日本の名称で言うと、百味こしょう。ですが、数多くのスパイスを混ぜ合わせて人間が作り出した香辛料ではありません。オールスパイスは、あくまで自然界に存在する香辛料です。香りによる精神的なリラックス効果や、リフレッシュ効果が期待できます。また、吐き気や悪寒、消化不良にもオールスパイスは効果があり、さらに防腐、抗菌作用もあります。

コラーゲン・・・紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの劣化スピードは加速してしまいます。40歳を過ぎた辺りから急激にコラーゲンが減少するので、シワやシミ、たるみの出やすい肌になってしまいます。特に肌の中は約70%がコラーゲンでできています。このコラーゲンが劣化すると、即肌の老化に繋がってしまうのです。また体の組織にもその影響は出てきます。そのため、コラーゲンは意識的に摂取していく必要があります。コラーゲン配合の化粧品は表皮の角質層に潤いを与える一時的な効果はありますが、真皮まで到達させるためには飲用するのが効果的です。

★冬も体の中から潤いましょう。コラーゲンの臭みはほぼ感じません!香り高いマサラチャイをお楽しみ下さい。

■コラーゲン豆知識・・

コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べる ことと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味なんです。

■マサラチャイコラーゲンティーで・・ 

<飲み方>

スプーン3杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜ、シェーカーもしくは泡立て器でよくかき混ぜてお飲み下さい。ホットでもアイスでも美味しくいただけます。ミルクでまぜてもOK:::ミルクや豆乳を混ぜ、その上に生クリーム・ナッツをトッピングすればちょっと贅沢気分を味わえるかも。体も心も温まるコラーゲンティー:::

<簡単!コラーゲンゼリー>

上の手順で溶いたあと、容器にいれ冷蔵庫で冷やすと、簡単ゼリーの出来上がり!

<簡単マサラチャイケーキ>

材料:マサラチャイコラーゲンティー大さじ2、ホットケーキミックス100g、マーガリン70g、砂糖50g、卵1ヶ、レモン1/2

1.    オーブンを170℃に余熱しておきます。

2.    ボウルにマーガリンと砂糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまでよくまぜます。

3.    卵、搾ったレモンの順に2に加えよく混ぜます。

4.    3にホットケーキミックスを加えゴムベラで粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜます。

5.    4を型に流し、170℃のオーブンで40分焼けば出来上がり!

大人味のケーキが出来上がります♪

お菓子作りにも役立ちます♪トッピングにも最適。飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

*機能的な紅茶・アールグレイ紅茶コラーゲンティー*

今日は朝起きると一面雪。寒くなるかなとおもいましたが思ったよりも寒くなく、午後には雪も解け始めました。このまま寒くなると道が凍ってしまうので、明日は晴れてくれたら良いなと思いました。今日は発送の準備、通販2件そして発送をしました。毎日忙しかった発送も少し落ち着きました。また月曜には発送がたくさんあると思いますが出来るだけ溜めずにスムーズに日々発送が出来るようにしていきたいと思います。

さて今日はコラーゲンティーの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはアールグレイ紅茶コラーゲンティーです。

<アールグレイ紅茶コラーゲンティー>

Koragenn■生産国日本

■原材料内容アールグレイ・マリンコラーゲン・カルシウム・甜菜糖

■アールグレイ紅茶コラーゲンティーについて・・・・

体の構造を作るタンパク質には、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をするコラーゲンタンパク質と細胞の中に留まって細胞を元気にする非コラーゲンタンパク質の2種類があります。元気で若々しい毎日をおくるにはタンパク質が充分に補給され、古いタンパク質が分解され体内のタンパク質が次々と新しいタンパク質に入れ替わることが大事です。(新陳代謝と呼ぶ)私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3をコラーゲンが占めているといわれます。コラーゲンは、髪の毛、皮膚、骨、爪、血管、内臓などほぼ全身の細胞と細胞をつなぎ止め、支えている体の土台になる物質で、生きている細胞を活性化するための必要なタンパク質です。加齢と共にコラーゲンも老化をします。また新しいコラーゲンを作ろうとする作用も衰え始めます。コラーゲンは不足すると様々な障害を引き起こす原因を作ります。そのため、コラーゲンは積極的に摂取する栄養なのです。

そしてブレンドされているアールグレイの紅茶の詳細:

■原産国:インド・ハンガリー・エジプト

■ブレンド内容: ニルギリ・マリーゴールド・マローブルー・ベルガモット香料

■ブレンド商品:アールグレイ紅茶クッキー、アールグレイコラーゲンTea

■アールグレイの紅茶について・・・・ イギリス王室の外務大臣であったグレイ伯は、中国の古い処方を応用し、お茶にベルガモットという柑橘類の果実の香りを付けるという事を思いつきました。この時からアールグレイは、英国の代表的なクラッシックティーのひとつになっています。一般的にアールグレイは中国茶をベースにしたブレンド紅茶にベルガモットを着香したものです。弊社では取れたての紅茶をインドから直輸入し、品質の良いうちに自社ハーブ工房で香りつけ、加工をしているので、美味しさが詰め込まれているニルギリベース。そこにフローラルハーブをブレンドしました。安静効果・痴呆症にもいいといわれるベルガモットを着香で豊かな香りがとても贅沢な時間を演出してくれます。一般的にも有名で人気の紅茶です。


♪普通の紅茶では少し物足りないという方に。コラーゲンとカルシウムが入って機能性を高めたドリンクにしました。TEAタイムを楽しみながら美容にも健康にも気を使っている方にもおすすめ。ホットはお湯に溶かして・アイスは水でシェイクし溶かした上で氷をのせて飲んでください。

※コラーゲンは多めにとっても副作用の心配はありません。よほど大量に摂取した場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状がでます。

アールグレイ紅茶・コラーゲンの効能

アールグレイ紅茶・・・

紅茶の効能:

1)酸化防止効果紅茶は発酵茶に分類されるため、抗酸化作用がないと思われがちだが、紅茶のテラフラビンという物質は緑茶カテキンと同等以上の活性酸素を押さえる働きがある。

2)ダイエット効果烏龍茶には脂肪分解作用が言われているが、紅茶カテキンには死亡吸収抑制作用があるとされていて、コレによりダイエット効果が期待できる。しかし、ミルクや砂糖を大量に入れてしまったり、ケーキと一緒に飲むなどすると効果は得られない。

3)ストレス解消と疲れ回復紅茶にはカフェインが含まれている。カフェインには疲れ回復やストレス発散、強心作用、利尿効果があるが、カフェインだけでとるよりも、紅茶でとるほうがよい。

4)アロマテラピー効果紅茶の香りはα波をだしリラックス効果があるとともに、色々な花や他の茶葉とブレンドすることによりアロマ効果がさらに増える。

そこに安静効果・痴呆症にも良いといわれるベルガモットを着香。

コラーゲン・・・紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの劣化スピードは加速してしまいます。40歳を過ぎた辺りから急激にコラーゲンが減少するので、シワやシミ、たるみの出やすい肌になってしまいます。特に肌の中は約70%がコラーゲンでできています。このコラーゲンが劣化すると、即肌の老化に繋がってしまうのです。また体の組織にもその影響は出てきます。そのため、コラーゲンは意識的に摂取していく必要があります。コラーゲン配合の化粧品は表皮の角質層に潤いを与える一時的な効果はありますが、真皮まで到達させるためには飲用するのが効果的です。

★体の調子を整え、中からきれいになれる青汁コラーゲンティー♪

■コラーゲン豆知識・・

コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べる ことと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味なんです。

■アールグレイ紅茶コラーゲンティーで・・

<飲み方>

スプーン1杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜ、シェーカーもしくは泡立て器でよくかき混ぜてお飲み下さい。ホットでもアイスでも美味しくいただけます。ミルクでまぜてもOK:::飲みなれた紅茶もこんなコラーゲンの入った機能的なお茶は嬉しい♪暑い日中はアイスティーで。ミルクティーにし、その上に生クリーム・ナッツをトッピングすればちょっと贅沢気分を味わえるかも。カルダモンの粉末を入れればお手軽チャイに:::

<簡単!コラーゲンゼリー>

上の手順で溶いたあと、容器にいれ冷蔵庫で冷やすと、簡単ゼリーの出来上がり!

<アールグレイ紅茶コラーゲンのクリーム>

材料:マーガリン大さじ3、アールグレイ紅茶コラーゲン大さじ3、三温糖大さじ2、塩一つまみ

材料全部をよく混ぜ合わせればできあがり!パンに塗ったりスコーンに塗ったりお手軽クリームが出来ます。

お菓子作りにも役立ちます♪トッピングにも最適。飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*体の中からきれいになれる青汁コラーゲンティー*

今日は発送の準備、通販3件と発送の補助をしました。発送で全国のロフトさんへハーブティーを出荷しています。数も多く11点の商品をチェックしているため準備にも時間がかかりますが、ロフトさんで見て通販や卸をしたいという方も少なくありません。多くの方にハーブティーのよさを知ってもらうためにも、商品の発送を大切にしていきたいと思います。

前回の12/6のローズヒップコラーゲンティーを紹介したブログが@niftyの「旬の話題ブログ」に紹介されました。半年間、この記事を掲載していただけるということなので是非トラックバッグからご覧下さい♪

さて今日はコラーゲンティーの紹介をしたいと思います。今日紹介するのは青汁コラーゲンティーです。

<青汁コラーゲンティー>

Koragenn■生産国日本

■原材料内容大麦若茶・マリンコラーゲン・エキナセア・甜菜糖・クエン酸・柚子パウダー・カキ貝

■青汁コラーゲンティーについて・・・・

体の構造を作るタンパク質には、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をするコラーゲンタンパク質と細胞の中に留まって細胞を元気にする非コラーゲンタンパク質の2種類があります。元気で若々しい毎日をおくるにはタンパク質が充分に補給され、古いタンパク質が分解され体内のタンパク質が次々と新しいタンパク質に入れ替わることが大事です。(新陳代謝と呼ぶ)私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3をコラーゲンが占めているといわれます。コラーゲンは、髪の毛、皮膚、骨、爪、血管、内臓などほぼ全身の細胞と細胞をつなぎ止め、支えている体の土台になる物質で、生きている細胞を活性化するための必要なタンパク質です。加齢と共にコラーゲンも老化をします。また新しいコラーゲンを作ろうとする作用も衰え始めます。コラーゲンは不足すると様々な障害を引き起こす原因を作ります。そのため、コラーゲンは積極的に摂取する栄養なのです。

そして青汁とは、本来豊富にビタミンやミネラルが含まれた生の緑黄色野菜などの緑の葉っぱや野草などをすりつぶしたものを搾り出してできた汁。材料の違いによってケール青汁・緑茶青汁などのさまざまな青汁の種類があります。そのほとんどが、豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維を含んでいるので、ダイエットをしている方にも足りなくなりそうなビタミン・ミネラルや食物繊維を青汁を摂取するだけで気軽に補充できます。

そんな健康に良い青汁とコラーゲン。健康な体を目指す方にオススメです。

♪ホットはお湯に溶かして・アイスは水でシェイクし溶かした上で氷をのせて飲んでください。柚子粉がはいった大変飲み安い青汁です。濃厚で抹茶なような味わいです。ホットミルクと混ぜると本格的なスープ味になり朝食になります。

※コラーゲンは多めにとっても副作用の心配はありません。よほど大量に摂取した場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状がでます。

青汁・コラーゲンの効能

青汁・・・青汁には様々な栄養素が他の食品に比べて多く含まれています。青汁の原料によって含まれる栄養素は様々なのですが、一般的な栄養素としてはビタミンA、ベータカロチン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などがあり、栄養源としての食品としてはかなり優秀です。

コラーゲン・・・紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの劣化スピードは加速してしまいます。40歳を過ぎた辺りから急激にコラーゲンが減少するので、シワやシミ、たるみの出やすい肌になってしまいます。特に肌の中は約70%がコラーゲンでできています。このコラーゲンが劣化すると、即肌の老化に繋がってしまうのです。また体の組織にもその影響は出てきます。そのため、コラーゲンは意識的に摂取していく必要があります。コラーゲン配合の化粧品は表皮の角質層に潤いを与える一時的な効果はありますが、真皮まで到達させるためには飲用するのが効果的です。

★体の調子を整え、中からきれいになれる青汁コラーゲンティー♪

■コラーゲン豆知識・・

コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べる ことと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味なんです。

■青汁コラーゲンティーで・・

<飲み方>

スプーン1杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜ、シェーカーもしくは泡立て器でよくかき混ぜてお飲み下さい。ホットでもアイスでも美味しくいただけます。ミルクでまぜてもOK

<簡単!コラーゲンゼリー>

上の手順で溶いたあと、容器にいれ冷蔵庫で冷やすと、簡単ゼリーの出来上がり!

<美味しい!青汁スープ>

材料:青汁コラーゲンティースプーン1杯・ミルク200cc、塩コショウ適量

沸騰させたミルクに青汁コラーゲンティーをまぜます。お好みで塩コショウを振り掛ければできあがり!スープとして朝の1杯にぴったり♪臭みも無く美味しくいただけます。

<栄養たっぷり★青汁きなこヨーグルト>

材料:ヨーグルト適量、きなこ小さじ1、青汁小さじ1、砂糖(黒蜜)適量

器にヨーグルトを入れ、きなこ・青汁コラーゲン・砂糖(黒蜜やハチミツでもok♪)を入れて混ぜればできあがり!緑茶きなこのような味で食べやすい!朝食やおやつにどうぞ。

お菓子作りにも役立ちます♪飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*美肌効果倍増・ローズヒップコラーゲンティー*

今日は発送準備、通販発送とお歳暮ギフトの説明書作り、ホームページ用POPつくりや電話応対などをしました。今日はPOP作りと請求書のチェックができるかなと思っていましたがなかなかできず・・できるだけ早めに時間を作ってしていきたいと思います。そして通販でご注文を頂いた商品で、クール便のものと普通便の商品とが製造の関係で同時に出せずご希望の日にちに間に合わないというのが1件ありました。その為お客様にお問い合わせをし到着の日にちを変更していただくことになりました。商品が手作りのため製造の予定を立てることでも上手くいかないことがあります。できるだけお客様に気持ちよく商品を受け取っていただけるよう通販担当としても在庫の確認や製造日の確認・お客様への連絡を怠らず、最後まで丁寧に対応していきたいと思います。

さて今日はコラーゲンティーの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはローズヒップコラーゲンティーです。

<ローズヒップコラーゲンティー> 

Koragenn■生産国日本

■原材料内容ローズヒップパウダー・カルシウム・甜菜糖・マリンコラーゲン

■ローズヒップコラーゲンティーについて・・・・

体の構造を作るタンパク質には、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をするコラーゲンタンパク質と細胞の中に留まって細胞を元気にする非コラーゲンタンパク質の2種類があります。元気で若々しい毎日をおくるにはタンパク質が充分に補給され、古いタンパク質が分解され体内のタンパク質が次々と新しいタンパク質に入れ替わることが大事です。(新陳代謝と呼ぶ)私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3をコラーゲンが占めているといわれます。コラーゲンは、髪の毛、皮膚、骨、爪、血管、内臓などほぼ全身の細胞と細胞をつなぎ止め、支えている体の土台になる物質で、生きている細胞を活性化するための必要なタンパク質です。加齢と共にコラーゲンも老化をします。また新しいコラーゲンを作ろうとする作用も衰え始めます。コラーゲンは不足すると様々な障害を引き起こす原因を作ります。

♪ビタミンCが豊富なローズヒップに、コラーゲンにカルシウムも入ってコラーゲンとカルシウムが入って機能性を高めたドリンクにしました。TEAタイムを楽しみながら美容にも健康にも気を使っている方にもおすすめ。ホットはお湯に溶かして・アイスは水でシェイクし溶かした上で氷をのせて飲んでください。

※コラーゲンは多めにとっても副作用の心配はありません。よほど大量に摂取した場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状がでます。

ローズヒップ・コラーゲンの効能

ローズヒップ・・・ビタミンCの爆弾といわれるほどにビタミンCが豊富なローズヒップ。肌の新陳代謝促進、 美肌・美白効果、ホルモンバランスを整える、 老化防止、 生理痛・生理不順の症状緩和、 免疫力アップによる風邪や感染予防・健康促進 妊娠中の栄養補給 など、さまざまな効能・効果が期待できます。

コラーゲン・・・紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの劣化スピードは加速してしまいます。40歳を過ぎた辺りから急激にコラーゲンが減少するので、シワやシミ、たるみの出やすい肌になってしまいます。特に肌の中は約70%がコラーゲンでできています。このコラーゲンが劣化すると、即肌の老化に繋がってしまうのです。また体の組織にもその影響は出てきます。そのため、コラーゲンは意識的に摂取していく必要があります。コラーゲン配合の化粧品は表皮の角質層に潤いを与える一時的な効果はありますが、真皮まで到達させるためには飲用するのが効果的です。

★コラーゲンの生成にはビタミンCが不可欠な成分であるため、ローズヒップを取り入れることによって間接的にコラーゲンの生成にも貢献できます。同時に摂取すれば美肌効果は倍増ですね!

■コラーゲン豆知識・・

コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べる ことと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味なんです。

■ローズヒップコラーゲンティーで・・ 

<飲み方>

スプーン3杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜ 、シェーカーもしくは泡立て器でよくかき混ぜてお飲み下さい。ホットでもアイスでも美味しくいただけます。ミルクでまぜてもOK

<簡単!コラーゲンゼリー>

上の手順で溶いたあと、容器にいれ冷蔵庫で冷やすと、簡単ゼリーの出来上がり!

お湯ではなく、牛乳にするとミルクプリンに!

<イチゴ&ローズヒップの美肌フルーチェ>

材料:イチゴ適量、水300cc、ローズヒップコラーゲン10g、乳清(ホエー)50cc、練乳大さじ4、蜂蜜大さじ4

フォームの始まり

フォームの終わり

1.

作り方:

1 苺を潰して練乳をかけておく。

2.コラーゲンを熱湯で溶かしかき混ぜ、50℃位の人肌に温めた水に入れ、蜂蜜も入れよーくかき混ぜる。

3.2に1の苺と乳清を入れ、氷水でボールを冷やしながらヘラでゆっくりかき混ぜる。苺が浮いてこなくなったら、容器に入れ冷蔵庫でよく冷やす。

:::甘さはお好みで足してください。ホエーは、200gくらいのヨーグルトを一晩水切りすればOK。ゼラチンは沸騰直前くらいの状態にし、よくかき混ぜ溶かしてください。冷やしてゼリー状になるまではけっこう時間がかかります。甘味料は練乳等お好みのもので。

お菓子作りにも役立ちます♪飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コミ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

*きれいになるための簡単美味しいココアコラーゲンティー*

今日は発送準備、通販2件と卸様のお歳暮ギフトに入れる説明書つくり、責任票の訂正などをしました。通販はいつもスリムティーをご注文くださっている方々で、まとめてご注文をくださいます。まとめてご注文いただくと割安になるから、という理由だけでなくきっと健康維持のため毎日お茶にはこれを飲んでくださっているのだと思います。とても嬉しいことです。冬の入浴に使うハーブバスをプレゼントとして入れました。(ご注文頂いた方には全員にプレゼントしています)

お歳暮用の説明書は以前作ったものをアレンジし作りました。冬には今まで作ったPOP等のデータを整理し今後も使いやすくしていきたいと思います。

さて今日はコラーゲンティーの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはココアコラーゲンティーです。

<ココアコラーゲンティー>Koragenn

■原産国日本

■原材料内容ココアパウダー・マリンコラーゲン・カルシウム・甜菜糖

■ココアコラーゲンティーについて・・・・

体の構造を作るタンパク質には、細胞と細胞をつなぐ接着剤の役割をするコラーゲンタンパク質と細胞の中に留まって細胞を元気にする非コラーゲンタンパク質の2種類があります。元気で若々しい毎日をおくるにはタンパク質が充分に補給され、古いタンパク質が分解され体内のタンパク質が次々と新しいタンパク質に入れ替わることが大事です。(新陳代謝と呼ぶ)私達の体を構成するタンパク質のうち、約1/3をコラーゲンが占めているといわれます。コラーゲンは、髪の毛、皮膚、骨、爪、血管、内臓などほぼ全身の細胞と細胞をつなぎ止め、支えている体の土台になる物質で、生きている細胞を活性化するための必要なタンパク質です。加齢と共にコラーゲンも老化をします。また新しいコラーゲンを作ろうとする作用も衰え始めます。コラーゲンは不足すると様々な障害を引き起こす原因を作ります。

天然食物繊維やポリフェノールが豊富なココアをベースに飲みやすくブレンド!ミルクで溶いても◎コラーゲンとカルシウムが入って機能性を高めたドリンクにしました。コラーゲンはマリンコラーゲンを使用。ココアなどがブレンドされているため臭みなども無くとても美味しいです。TEAタイムを楽しみながら美容にも健康にも気を使っている方にもおすすめ。ホットはお湯に溶かして・アイスは水でシェイクし溶かした上で氷をのせて飲んでください。

※コラーゲンは多めにとっても副作用の心配はありません。よほど大量に摂取した場合、ごくまれに、かゆみ、しびれなどの症状がでます。

ココア・コラーゲンの効能

ココア・・・ココアに含まれているカカオポリフェノールは、インフルエンザが体内に進入するのを防いだり、ガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を抑える働きがあります。また、ココアにはリグニンという成分が含まれ、これがコレステロールを低下したり、血圧を低下させます。そして、ココアは成分の半分近くが食物繊維なので、整腸作用があり便通もよくします。そのほかにも、ピロリ菌を死滅させるので胃潰瘍を予防したり、虫歯菌を抑えたりもしてくれます。ココアは、脳を活性化させたり、疲れたときにリラックスさせてもくれる健康的な飲み物のひとつです。

コラーゲン・・・紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの劣化スピードは加速してしまいます。40歳を過ぎた辺りから急激にコラーゲンが減少するので、シワやシミ、たるみの出やすい肌になってしまいます。特に肌の中は約70%がコラーゲンでできています。このコラーゲンが劣化すると、即肌の老化に繋がってしまうのです。また体の組織にもその影響は出てきます。そのため、コラーゲンは意識的に摂取していく必要があります。コラーゲン配合の化粧品は表皮の角質層に潤いを与える一時的な効果はありますが、真皮まで到達させるためには飲用するのが効果的です。

■コラーゲン豆知識・・

コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べる ことと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味なんです。

■ココアコラーゲンティーで・・ 

<飲み方>

スプーン3杯に200ccのお湯(水)でよくかき混ぜ 、シェーカーもしくは泡立て器でよくかき混ぜてお飲み下さい。ホットでもアイスでも美味しくいただけます。ミルクで混ぜるとミルクココアに♪マシュマロを浮かべても♪

<簡単!コラーゲンゼリー>

上の手順で溶いたあと、容器にいれ冷蔵庫で冷やすと、簡単ゼリーの出来上がり!

お湯ではなく、牛乳にするとミルクプリンに!

<キャラメルコラーゲンココア>

1)小鍋にコラーゲンココア大さじ1強を入れ、熱湯小さじ2を加えて練り混ぜます。

2)別の小鍋に牛乳200mlと市販のミルクキャラメル3個を入れて温め、ミルクキャラメルを溶かします。この時ふっとうしないように注意!

31)2)を注いでよく混ぜればできあがり♪

お菓子作りにも役立ちます♪飲むだけじゃなく、マイレシピを作ってみてください!投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (4)

*目の疲れ改善・メグスリの木茶*

あっという間に今年も終わろうとしています。今日は雪がちらつき、また寒くなりました。年末年始も忙しくなりそうですが、頑張っていきたいと思います。今日は一日発送をしました。以前から準備していた商品や、発送待ちだった商品・大森店のポイントカードも発送できたので少しほっとしました。

さて今日はオリエントハーブティー(野草茶)の紹介の続きをしたいと思います。今日

は野草茶の最後の紹介、メグスリの木茶です。

<メグスリの木茶>

Img_0725■原産国日本

■原材料内容メグスリの木

■メグスリの木茶について・・・・

メグスリの木茶は、目のトラブルを改善してくれるといわれています。メグスリの木は、日本固有の木であり、カエデ科の落葉高木です。江戸時代以前より、民間薬として知られており、樹皮を煎じて点眼や洗眼に使われていました。メグスリの木を服用すると千里の先までよく見えるといわれ千里眼の木といわれています。メグスリの木茶は、メグスリの木の樹皮や小枝、葉を乾燥させたものです。

メグスリの木の苦味成分であるロドデンドロールには、目の疲れをやわらげる効果があります。メグスリの木茶は、白内障による視力低下や緑内障、かすみ目などに効果があります。しかしながら結膜炎やトラコーマには効果がありません。メグスリの木茶は、独特の苦味があるので、苦手な人は、ほうじ茶などに混ぜて飲めば美味しくいただけます。

※ハーブティーは医薬品ではなく、また医薬品に代わるものでもありません。

紹介した効果、効果が必ずしも全ての人に保証されるものではありません。
また妊娠中、持病、思い病気などの健康状態に不安があるかたは、事前に必ず医師にご相談してからご活用ください。

メグスリの木茶の効能

かすみ眼改善・眼精疲労改善・白内障改善・肝機能改善

T■メグスリの木茶で・・

HOT ティー>

1.リーフの場合、ティースプーン12(一人分)のメグスリの木茶をティーポットにいれ熱湯を注ぐ。

2.23分蒸らしてホットハーブティーを楽しんで下さい。

:::1日分を何回かに分けお飲みください。温かいうちにお飲みになる方が効果的です。効果を求めるのであれば濃く、飲み易くしたいのであれば薄く煮出す事をお奨めします。また、煎じたメグスリの抽出液で洗眼するとただれ目や疲れ目などの外用としても用いることができます。::: 

★野草茶知識★

身近な自然で目にする木や草の中には食べられるもの・薬になるもの・入浴剤になるもの・染料になるもの等人間の生活に役立つ植物(有用植物)は多くあり、チャノキを原料とするお茶(緑茶・紅茶・青茶・黒茶等)以外の植物を用いて飲用に用いる茶葉の総称を健康茶といいます。おばあちゃんの知恵といわれる民間療法は世界各国の長い歴史のなかで人類が体得してきたもので、西洋のハーブと東洋のハーブにハーブネットでは大別しています。健康茶は自分が飲みたい時に飲み、濃度や飲量も自分に合った度合いで飲んでください。但し通院中の方はお医者さんに相談のうえその指示に従ってください。ハーブネットで紹介する健康茶は現在オリエントハーブティーのティーバックタイプのみ取り扱っています。急須・ハーブや紅茶用のガラス製ポット・大き目のティーカップにTBを1袋いれて熱湯を注ぎ23分位蒸らし成分を抽出しておしゃれ感覚で食後や休憩タイムにどこでも手軽に飲んでいただけます。

自分にピッタリの野草茶で健康ライフを。投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*発送と新ホームページ*

今日は発送の準備と発送をしました。お店も土日がお休みになり、その分出せなかった発送で忙しい一日になりました。通販5件、卸さんの発送と準備。通販で今人気のブレンドハーブティー・・・幸せに眠れるティー、頭を休めるティー、心身を温めるティー。幸せに眠れるティーと頭を休めるティーは、よく眠れないといった方が日経ヘルスという雑誌の掲載を見てご注文されることが多く、心身を温めるティーは寒くなったこの時期に冷え性の方などがよくお求めになります。飲みやすく美味しいと好評です。通販が増え忙しいですが、一つ一つ大切に準備するよう心がけています。

今日は社長が新しく手がけているホームページの森のギャラリーを見させていただきました。この自然の中のイメージをすぐにつかめ、他のホームページとも関連付いた素敵なホームページになりそうです。

また明日にはお茶の紹介の続きを・・・

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »